ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 「平和の火」を走り継ぐ

「平和の火」を走り継ぐ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月1日更新
今回で32回目を迎える「反核平和の火リレー」

今回で32回目を迎える「反核平和の火リレー」
長門市から参加した12人のランナーは、市役所油谷支所からスタート
長門市役所本庁で行われたミニ集会では、磯部副市長がランナーを激励
国道191号線を東へ進んでいく
市役所三隅支所に到着

 8月1日(火曜日)、広島市の平和記念公園の「平和の灯」から採火した「平和の火」を受け継ぎながら、県内の市町をまわって核兵器の廃絶などを訴える「反核平和の火リレー」が、長門市内を駆け抜けました。

  平和友好祭県実行委員会が主催し、今年で32回目を迎えるこのリレーでは、被爆者援護法の改正をはじめ、核兵器の廃絶、各自治体の非核宣言決議の推進などを訴えます。 この日、長門市から参加した12人のランナーは、市役所油谷支所を出発し、三隅地区までの区間を走って、萩市のランナーに火を託しました。

 道中、平和の火が到着した長門市役所本庁玄関前ではミニ集会が行われ、磯部副市長が「若い世代がこうして活動することは大変意義があり、世界が望む平和につながるものと思います。皆さんの思いが、1人でも多くの人に届くよう願っています」とランナーを激励しました。

 なお、このリレーは8月3日(木曜日)の15時30分に山口市の県庁へ到着し、約600kmのリレーを終えるとのことです。