ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 青年の力で仙崎地区の振興を

青年の力で仙崎地区の振興を

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月22日更新
仙崎地区の青年によって設立された「仙崎青年会」

仙崎地区の青年によって設立された「仙崎青年会」
「強い思いと柔軟な行動力で地域の活性化を」と伊藤貴之発起人代表
入会予定者や仙崎地区の自治会長など約30人が出席
「若い世代と外部の皆さんとの相乗効果で、もっと魅力的なまちになれば」と大西市長

 6月22日(木曜日)、仙崎公民館で、「仙崎青年会」の設立総会が行われました。

 同会は、仙崎地区に居住する若者によって、地域振興の担い手となる人材の育成を図ろうと結成されたもので、この日は入会予定者や同地区の自治会長など約30人が出席しました。

 総会では、はじめに伊藤貴之発起人代表が「ここにいるメンバーは、仙崎地区をこよなく愛し、どうにか元気にしたいと真剣に考える者ばかりです。強い思いと、柔軟な行動力を持つ人が集まることで、これまで取り組めなかった地域の課題を解決し、地区の活性化につなげていきたい」とあいさつ。来賓として出席した大西市長は「今年10月には、交流拠点施設『センザキッチン』が一部オープンを迎えます。若い世代が30~40年後を見据えた活動を展開し、外部の皆さんとの相乗効果で地域を盛り上げることによって、もっと魅力的なまちになればと思います」と話しました。

 仙崎青年会の会員は現在38人。今年度はクリーンウォークやウォークラリー、「みすゞ七夕笹まつり」やハロウィンイベントなどの事業に取り組むほか、今後数年を通じた事業として、空き家のリノベーションや地元作家のギャラリー設営を目指す「みすゞ通り活性化プロジェクト」を展開していくとのことです。