ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ハーブの香りに癒やされる1日

ハーブの香りに癒やされる1日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月11日更新
ハーブの摘み取りを楽しむ来場者

ハーブの摘み取りを楽しむ来場者
ハーブリース作りに挑戦
木育のブースでは「木のたまご」作りを体験
シャボン玉のアトラクションは子どもたちの人気を集めた
会場にはハーブを使ったトーストやクッキーのほか、やきとりやくじら鍋など地元グルメの露店も並んだ

 6月11日(日曜日)、香月泰男美術館東側のふれあい広場で「みすみハーブを愉しむ日」が開催されました。

 会場には、ハーブを使ったハーブバタートーストやハーブクッキー、ハーブソルトチキンのほか、カレーややきとり、くじら鍋など地元グルメの露店が並びました。あわせてハーブリース作りや木育ワークショップ、シャボン玉アトラクションやバルーンアートショーなども行われ、会場に来た子どもたちは、日ごろできない体験に目を輝かせていました。

 また、地域教育の一貫として、明倫小学校と三隅中学校の生徒がボランティアとして参加し、出店のサポートや体験受付などを通してイベントを盛り上げました。

 この日は、市内外から約2,000人が会場を訪れ、来場者からは「こんな素晴らしいハーブ園があるなんて知りませんでした。イベントも珍しいものばかりで、子どもがなかなか帰ろうとしません。せっかくなので湯免温泉にも入ってみようと思います」といった感想が聞かれました。