ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 俵山の魅力を満喫 たわらやまワールド

俵山の魅力を満喫 たわらやまワールド

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月29日更新
時期限定でオープンする幻のそば屋、そば打ちの様子に子どもも夢中

時期限定でオープンする幻のそば屋、そば打ちの様子に子どもも夢中
俵山で採れる山菜をたっぷり使った山菜天ざる
地酒ほれぼれの試飲販売や特産品の販売も
俵山猪鹿工房「想」で捌かれたジビエの試食
猪や鹿でつくる装飾品「けものみちPROJECT」の作品展示

 4月29日(土曜日)と30日(日曜日)の二日間、「第1回俵山物産展 たわらやまワールド」が里山ステーション俵山を中心に開催されました。

 これは俵山公民館が主催したもので、俵山温泉やしゃくなげ園などの名所のほか、ジビエや地酒、竹炭など俵山の特産品を来て、見て、食べて、温泉に入って、体験してもらうことを目的に初めて開催されました。
 
 見頃を迎えている俵山しゃくなげ園には多くの来場者があり、3万本以上のしゃくなげを楽しんだほか、里山ステーション俵山では不定期で営業する「幻のそば屋」やどんぐり工房による竹炭ペンダントづくり、作品展示販売、俵山猪鹿工房「想」のジビエ肉試食、猪や鹿の装飾品をつくる「けものみちPROJECT」の作品展示販売、俵山の地酒ほれぼれの試飲販売販売などが行われました。

 人気の「幻のそば屋」では、俵山で採れた山菜をたっぷり使った山菜天ざるが販売され、しゃくなげの花やノビル、ユキノシタ、タラの芽などの天ぷらや俵山豆腐、フキ、ワラビなど山の幸を満喫する来場者で賑わっていました。