ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 千畳敷を目指して歩こう

千畳敷を目指して歩こう

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月29日更新
約140人の参加者は、日置農村環境改善センターをスタート

約140人の参加者は、日置農村環境改善センターをスタート
友人や家族と参加し、自然を楽しみながら歩く
千畳敷に続く坂道を上る
千畳敷では豚汁が振る舞われた
長門市スポーツ推進委員協議会の協力でニュースポーツ体験も行われた

 4月29日(土曜日)、日置農村環境改善センターから千畳敷までのコースで「日置健康づくり歩け歩け大会」が開催され、市内外から約140人が参加しました。

 開会式では、同センターの石田哲也所長が「今日は自然を楽しみながらマイペースで歩き、楽しく思い出に残る1日にしてください」とあいさつ、続いて本大会のサブタイトル「千畳、万歩でさわやかさ一杯に!」を考案した荒川藤枝さんが紹介されました。2本の専用ポールを使って歩く「ノルディックウォーキング」の紹介やラジオ体操の後、参加者は約7kmのチャレンジコースと約5kmのファミリーコースに分かれ、スタートしました。

 道中、菅無田公園で開催されている「日置つつじ祭り」にも立ち寄り、12時ごろに千畳敷に到着した参加者は、昼食として振る舞われた豚汁を味わった後、長門市スポーツ推進委員協議会の協力でニュースポーツ体験を楽しみました。