ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 平成29年度予算編成に向けて

平成29年度予算編成に向けて

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月31日更新
平成29年度予算編成に向けた方針が説明された

平成29年度予算編成に向けた方針が説明された
庁内や民間を巻き込み、チーム長門で取り組んでほしいと大西市長
市の部長・課長級など管理職約40人が出席

 10月31日(月曜日)、長門市役所で平成29年度長門市予算編成方針説明会が行われ、市の部長・課長級職員ら約40人が出席しました。

 説明会の冒頭で大西市長から「厳しい財政状況ではあるが、長門市の喫緊の課題である人口減少への対応として産業振興による雇用創出や結婚、出産、子育てに至るまでの環境整備など、新たな人の流れを創出する長門市まち・ひと・しごと創生総合戦略に基づく各種施策を計画的に実行していく必要がある。元乃隅稲成神社や星野リゾートの進出、日露首脳会談など世間から注目を浴びている中、地域を活性化する施策を庁内の横断的な連携や、民間を巻き込んだ取り組みなどチームながとで取り組んでほしい」と訓示がありました。その後、今浦企画総務部長から予算編成にあたっての方針や注意事項などが説明されました。

 平成29年度予算編成は、今後10年間のまちづくりを進める「第2次長門市総合計画」の始まりとして重要な役割を担うため、すべての既存事業について徹底的な見直しを図り、新たな事業展開に必要な財源の捻出に努めることとし、そのうえで「長門市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に掲げる重点施策を総合計画に沿った形で、確実かつ早期に成果を挙げるため、限られた財源の中で緊急性や実現可能性などを考慮のうえ、重点的な予算配分を行うこととされています。

 今後、各課で予算編成作業が行われ、来年1月の市長査定を経て来年3月の議会に上程される予定です。