ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ウォーキングで健康づくりを

ウォーキングで健康づくりを

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月29日更新
2本のポールを持って歩く「ノルディックウォーキング」

2本のポールを持って歩く「ノルディックウォーキング」
講師は日本ノルディックウォーキング協会の志谷明宏さん
教室には約80人が参加
血圧や骨密度などが測定できる「健康チェックコーナー」
がん予防や地域医療などに関する展示も行われた

 市民参加型の企画を通して、健康づくりの意識向上を図る「長門市健康づくりのつどい」が10月29日(土曜日)、ながと総合体育館を会場に開催されました。

 これは、健康ながと21推進協議会の主催で毎年行われているもので、会場には血圧や骨密度などが測定できる「健康チェックコーナー」、野菜に関する展示やグリーンスムージーの配布などが行われた「食育コーナー」、がん予防や地域医療などを紹介する「展示コーナー」が設けられました。

 今回は、2本のポールを持って歩く「ノルディックウォーキング」の教室が行われ、日本ノルディックウォーキング協会インストラクターの志谷明宏さんの指導のもと、約80人がウォーキングのフォームを学びました。館内での講座が終わると、会場周辺の約2.5kmを実際に歩き、参加者は「歩幅は広く」「胸を張って背すじを伸ばす」といったアドバイスを受けながらウォーキングを楽しんでいました。

 この日の参加者は「普段からウォーキングはしていますが、ノルディックウォーキングは今日が初めて。楽しく、そして楽に歩けるのが良いですね」と感想を話しました。