ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 「安全安心の日」に公園を点検

「安全安心の日」に公園を点検

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月18日更新
千畳敷公園の遊具をチェック

千畳敷公園の遊具をチェック
見通しの良さや夜間の明るさなどを確認し、点検票に記入
今年度は日置・油谷地区の公園4ヵ所を点検した

 10月18日(火曜日)、犯罪のない安全・安心のまちづくりを推進するため、市が定める今年度の「市民安全安心の日」にあわせて市内の公園点検が行われました。

 今年度は、自治会長や民生委員、警察や防犯連絡員など約30人が参加し、日置・油谷地区の公園4ヵ所を点検。日置総合運動公園、千畳敷公園、菱海保育園横の児童公園、妙見山公園の順に各20分、見通しの良さや夜間の明るさ、遊具の安全性などを確認しました。

 この日、千畳敷公園を点検した参加者は「遊具は問題ないが、トイレ周辺の木が年々伸び、見通しが悪くなってきているのが気になった。週末には多くの観光客が訪れる場所なので、公園を汚したり、ごみを捨てたりしないようにお願いしたい」と話しました。