ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 保育園児が収穫体験

保育園児が収穫体験

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月18日更新
スコップで畑を掘ってサツマイモを探す

スコップで畑を掘ってサツマイモを探す
日置保育園の園児約30人が参加
大津緑洋高校日置校舎の生徒が収穫の手順を教える
大きなサツマイモは協力して
たくさん収穫できました!

 10月18日(火曜日)、大津緑洋高校日置校舎の農場で、日置保育園の園児約30人がサツマイモの収穫を体験しました。

 これは、同校の学校開放の一環として毎年行われているもので、6月には同園の園児が苗植えを体験。この日は、自分たちで植えたサツマイモを日置校舎3年の生徒約10人に手順を教わりながら収穫しました。中には園児の顔より大きなサツマイモもあり、園児は何度もスコップで掘ったり、引っ張ったりして収穫に汗を流しました。

 約30分の体験の中で、多い園児は1人で10本近くのサツマイモを収穫。今後は保育園や家庭に持ち帰り、食育の一環として園児自身で味わう予定となっています。収穫を終えた園児は「たくさんとれて楽しかった。食べるのが楽しみ」と感想を話しました。