ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > みすみふるさとまつり2016

みすみふるさとまつり2016

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月16日更新
フィナーレのもちまきには多くの来場者が参加

フィナーレのもちまきには多くの来場者が参加
浅田小学校のマーチングバンドが会場を盛り上げる
アユのつかみ取りに挑戦
2人1組で挑む初開催の「香月泰男パズル組立選手権」
今回は過去最多となる36団体が出店した

 10月16日(日曜日)、三隅公民館前を会場に「みすみふるさとまつり2016~私の地球ふるさとみすみ~」が開催されました。

 平成2年から開催されているこのまつりは、三隅地区の特色を生かした企画により、世代間の交流を図ろうと毎年行われているものです。今回は過去最多となる36団体が出店し、会場にはやきとりや焼きそば、ラーメンやアユの塩焼きなど、さまざまなグルメが並びました。

 特設ステージでは、三隅保育園と宗頭幼稚園の園児によるパレードがオープニングを飾り、その後は浅田小学校のマーチングバンド、三隅清風太鼓の演奏などが会場を盛り上げました。午後からは、初開催となる企画「香月泰男パズル組立選手権」が行われ、ペアで臨んだ参加者は、香月泰男の作品「彼岸花」のパズルを完成させる速さを競いました。

 まつりの最後には、毎年恒例の「みすみ☆夢☆抽選会」ともちまきが行われ、多くの来場者がステージ前に押し寄せました。この日は雨天の中の開催となりましたが、多くの店が昼過ぎには完売。三隅地区の住民を中心に多くの人が来場し、にぎわった1日となりました。