ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 読書で生きる力を

読書で生きる力を

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月9日更新
良い絵本を紹介

良い絵本を紹介
100名近い聴講者が訪れた
熱心にメモを取る参加者の姿も

 10月9日(日曜日)、長門市立図書館で「脇明子氏講演会」が開催され、約100名が聴講に訪れました。

 この講演会はうちどく(家読)推進事業の一環として開催されたもので、ノートルダム清心女子大学の名誉教授でもあり、英国ファンタジー研究者の脇明子氏を講師に迎え、『読書で育つ「生きる力」〜学校や家庭でできること〜』と題した講演が行われました。

 講演の中で脇氏はメディアの危険性を訴え、「子どもを取り巻く環境はインターネットなどの情報メディアの発達により大きく変化している。情報はあふれる一方で現実体験の乏しさから他者への思いやりや関心、感受性や創造力を育むという心の成長が阻害されており、この心の成長に欠かせないのが読書」と読書の必要性を話されました。

 参加者はノートにメモを取るなど熱心に講演を聴講していました。