ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 俵山でまっちょるよ!

俵山でまっちょるよ!

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月7日更新
俵山小学校グラウンドフェンスに取り付けられたメッセージボード

俵山小学校グラウンドフェンスに取り付けられたメッセージボード
大西市長や地元関係者、俵山小学校の児童が除幕を行う
自分が作った風車を探す児童たち
217個の「PETボトル風車」と32体の「子どもかかし」が彩る
この日は約50人がお披露目式に参加した

 市が進めるラグビーワールドカップ2019キャンプ招致活動を支援するため、俵山地区民によってつくられたメッセージボードのお披露目式が10月7日(金曜日)、俵山小学校校庭で行われました。

 俵山小学校5年の岡嶋ほの花さんが考えたメッセージ「いで湯の里 俵山で 待っちょるよ!」が書かれたボードの周りを彩るのは、児童や公民館利用団体などによって作られた217個の「PETボトル風車」と、平成26~27年に地区住民が作った32体の「子どもかかし」です。この日、児童は大西市長や関係者と一緒に除幕を行った後、大きな声でメッセージを読み上げました。

 除幕を終えて、大西市長は「キャンプ招致実現のためには、市民の皆さんと一体となって熱意を示すことが大事です。今日の皆さんの声は、世界のどこかの国に届いたのではないでしょうか。このたび作られたPETボトル風車もきっと、新しい風を呼び込んでくれるものと思います」とあいさつしました。

 市では今後、12月下旬までに「公認チームキャンプ候補地」の応募申請を行う予定。2017年夏ごろに候補地が承認されると、出場チームの視察を受けた後に、実際にキャンプ地として使用されるかが決定するとのことです。