ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > コンディショニングメソッドで身体のケアを学ぶ

コンディショニングメソッドで身体のケアを学ぶ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月2日更新
トップアスリートにも多く指導している有吉与志恵さんが講師

トップアスリートにも多く指導している有吉与志恵さんが講師
スライドを使ってコンディショニングの必要性を講演
足首をぐるぐる回し、ふくらはぎやすねの筋肉のケアを行う
部活動などで運動量の多い仙崎中学校の生徒も参加

 10月2日(日曜日)、仙崎小学校体育館でコンディショニングトレーナー有吉与志恵さんを講師に招き、「コンディショニングで美とパフォーマンス・強さを手に入れるコンディショニング講習会」が開催されました。主催は仙崎振興会で、仙崎公民館指定管理記念事業として企画されたもので、仙崎中学校の生徒や地区住民ら約150人が参加しました。

 有吉さんは運動指導者として30年以上のキャリアを積み、筋肉を鍛えるよりも整えることで、体調と体型を劇的に改善できる「コンディショニングメソッド」を確立。高齢者から現役アスリートまで、幅広い層への指導をされています。

 最初に行われた講演で有吉さんは、身体のコンディションを整える必要性をスライドを使って説明。プロスポーツ選手やオリンピック代表選手の実践事例などを交えながら、身体の不調をリセットし、筋肉の弾力などいい状態に保つ大切さを話しました。講演に続いて行われた実技では、いつでも手軽にできるコンディショニングとして、手の指を足の指に入れてぐるぐると足首を回す方法や床に座ってひざの辺りを手で持ち、トントンと床に打ち付ける方法を実践。実践の後には実際に足が伸びたり、楽になったりする効果を参加者は実感したようです。