ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 交通事故ゼロのまちを目指して

交通事故ゼロのまちを目指して

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月21日更新
長門市中央公民館~長門市役所のコースを約200人がパレード

長門市中央公民館~長門市役所のコースを約200人がパレード
中央公民館大講堂で行われた式典
交通安全スローガン最優秀賞の受賞者に賞状が手渡される
寸劇を交えた山口県警察音楽隊の演奏会
(左から)青木さん、村田さん、前場さん、林さんの4人が交通安全アテンダントに就任

 9月21日(水曜日)、秋の全国交通安全運動の一環として、長門市中央公民館で「長門市交通安全のつどい」が開催されました。

 式典では、はじめに大西市長が「事故のない明るい社会を実現するために、市民の皆さんと一緒に事故防止の取組を進めていきましょう」と、長門警察署の藤原清美署長が「悲惨な事故を起こさないために、歩行者は反射材の着用、運転者はハイビームの使用とスピードダウンを心がけてください」とあいさつしました。

 続いて、交通安全アテンダントの交代式が行われ、新たに青木美郷さん(三隅地区)、村田未来さん(長門地区)、前場遥奈さん(長門地区)、林亜沙子さん(油谷地区)が就任しました。アテンダントの任期は1年で、今後は市内で行われる交通安全キャンペーンなどに参加し、PR活動を行う予定となっています。

 その後は、交通安全スローガン最優秀賞の受賞者、交通安全功労者などの各種表彰式が行われました。式典の最後には「子どもと高齢者の交通事故防止」「飲酒運転の根絶」など5項目の取組を推進する大会宣言が読み上げられ、採択されました。

 式典が終わると、山口県警察音楽隊の演奏会が行われ、反射材着用を呼びかける歌や刑事ドラマメドレー、アニメソングなどの演奏が、寸劇やカラーガードのパフォーマンスとあわせて披露されました。最後に、中央公民館から市役所までのコースで交通安全パレードが行われ、新アテンダントを先頭に約200人の参加者が隊列を組んで歩きました。

≪交通安全スローガン最優秀賞≫

  • 子ども向け 「みぎひだり 合図もしっかり さあ渡ろう」 今津紗音(油谷小学校5年)
  • 歩行者向け 「安全は 目、耳、心で たしかめる」 河野美月(仙崎小学校3年)
  • 運転者向け 「法定速度 守ったごほうび エコ運転」 中村優里(俵山小学校5年)

≪山口県表彰≫

  • 優良運転者 久保田欣康
  • 優良団体 長門交通安全協会向津具支部

≪地区表彰≫

  • 交通安全功労者 槇田 健
  • 優良運転者 谷村保子、上田俊雄、芳本光明、進藤信行、河本 泉、北川興一、河野兼治、西村幸司
  • 優良安全運転管理者 市川桂次、岩本拓也