ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 市内の看護師を「一日救急隊長」に

市内の看護師を「一日救急隊長」に

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月6日更新
この日、「一日救急隊長」に任命された岡田病院の宮城佳菜さん

この日、「一日救急隊長」に任命された岡田病院の宮城佳菜さん
血液などからの感染を予防するガウンを着て、署員からの説明を聞く
辞令交付からわずか20分後に出動要請がかかる
救急車に乗り込み、現場に出動

 9月6日(火曜日)、全国一斉に救急業務の普及啓発運動が行われる「救急医療週間」にあわせて、消防本部で「一日救急隊長」が任命されました。これは6日から8日までの3日間、市内の救急告示病院から看護師を任命し、現場体験や訓練を実施するもので、この日は岡田病院の宮城佳菜さんに辞令が交付されました。

 はじめに宮城さんは、消防署員から出動の流れを学び、続いて救急車内にある設備の説明を受けました。その説明中、実際に出動要請がかかり、宮城さんは署員とともに救急車に乗り込み、血液などからの感染を防止する水色のガウン、ゴム手袋、マスクを着用して現場に向かいました。現場から戻った後は、救急隊員との懇談や、心肺蘇生などの救急訓練が予定されています。

 なお、今回の「一日救急隊長」の取組では、7日に長門総合病院、8日に斉木病院の看護師が任命され、同様の体験や訓練を行うとのことです。