ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 43回目の納涼祭

43回目の納涼祭

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月15日更新
「YAC祭り太鼓」のパフォーマンスがオープニングを飾る

「YAC祭り太鼓」のパフォーマンスがオープニングを飾る
会場には、地区住民によってやきとりや焼きそば、ジュースやかき氷などの露店が設けられた
インターン事業で俵山地区にホームステイしている大学生も運営に協力
ビンゴゲームには多くの来場者が参加
みんなで輪踊りを楽しむ

 8月15日(月曜日)、俵山熊野神社前を会場に「第43回俵山温泉納涼祭」が開催されました。

 地区住民によって焼きそばややきとり、ジュースやかき氷などの露店が設けられた会場で、オープニングを飾ったのは「YAC祭り太鼓」のパフォーマンス。来場した子どもたちもステージに上がり、太鼓の演奏で会場を盛り上げました。

 続いてステージでは、電化製品などが当たる恒例のビンゴゲームが行われ、多くの人が読み上げられる番号に耳を澄ませていました。ビンゴゲームや露店の運営には、インターン事業で俵山地区にホームステイしている大学生も協力していました。

 その後は大声大会や輪踊り、じゃんけん大会が催され、盆に帰省した俵山地区出身者や観光客を交えて、多くの地区住民が夏の夜を楽しんでいました。