ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > プロ選手からラグビーの指導

プロ選手からラグビーの指導

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月7日更新
深川養鶏農業協同組合の主催により開催

深川養鶏農業協同組合の主催により開催
長門市出身の加藤選手を含む5名の選手が指導
ラグビーボール型の鶏卵せんべいを新たに開発
ラインアウトの指導
パスやタックルの基本を繰り返し指導

 8月7日(日曜日)、九州電力キューデンヴォルテクスの現役選手を招いたラグビー教室が大津緑洋高校大津キャンパスで開催され、地元ラグビー選手ら約50名が参加しました。

 九州電力キューデンヴォルテクスから指導に来たのは長門市出身の加藤誠央選手ら5人で、参加した大津緑洋高校ラグビー部らの選手にパスやタックルの基本を指導しました。

 教室を終え、九州電力キューデンヴォルテクスの加藤誠央選手は「自分が高校生のときよりレベルが高い。技術だけでなく、のみ込みの早さや学ぶ意欲の高さなどあり、これから上手になるのでは」と感想を述べました。また、大津緑洋高校ラグビー部の堀田架音キャプテンは「現役のラグビー選手に教わることはほとんどないので貴重な機会。今日習ったことを夏の合宿や花園予選に活かしていきたい」と述べました。

 この教室は深川養鶏農業協同組合が地域貢献事業として開催したもので、同組合はラグビーボール型の鶏卵せんべいを新たに開発、販売してラグビーW杯2019キャンプ地招致活動を盛り上げていくとのことです。