ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 夏の夜を浴衣で楽しむ

夏の夜を浴衣で楽しむ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月6日更新
多くの来場者でにぎわう会場

多くの来場者でにぎわう会場
オープニングを飾った三隅清風太鼓「童鼓」の演奏
子どもたちに人気のヨーヨー釣り
「みすみ○×クイズ」では、三隅地区の歴史やイベントにまつわる問題に挑戦
「扇山から」「湯免小唄」の2曲を踊る

 8月6日(土曜日)、湯免ふれあいセンター駐車場を会場に「湯免温泉まつり」が開催されました。

 オープニングを飾ったのは、三隅清風太鼓の子どもたちによるグループ「童鼓」の演奏。その後もステージでは、アマチュアバンド「ジャンボリー」や、市内で活動する「楽々団」「チームフラOKD」のパフォーマンスが会場を盛り上げました。また、三隅地区で活動するグループなどが、会場を囲むようにして焼きそば・やきとり・かき氷などを出店。浴衣で来場すると記念品がプレゼントされるとあり、浴衣姿の来場者も見られました。

 子どもたちを対象とした「みすみ○×クイズ」では、郷土の先賢「村田清風」「周布政之助」にまつわる問題が出され、参加者はクイズに挑戦しながら三隅地区の歴史を学びました。日が暮れた後、来場者を巻き込んで行われた盆踊りでは、「扇山から」「湯免小唄」の2曲を踊りました。

 毎年恒例の抽選会では、多くの来場者が事前に販売される抽選うちわを手に、ステージ上で読み上げられる当選番号にじっと耳を澄ませていました。番号が発表されるたびに歓声が上がり、最後まで大きな盛り上がりを見せたまつりとなりました。