ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 全国大会出場者を激励

全国大会出場者を激励

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月19日更新
(左から)中野さん、荻野さん、秋山さん、大西市長、山田さん、木下さん

(左から)中野さん、荻野さん、秋山さん、大西市長、山田さん、木下さん
激励費が手渡され、大西市長と握手を交わす
「長門市ここにあり、という姿を見せてきてほしい」と大西市長

 7月19日(火曜日)、長門市役所で全国大会出場激励会が行われました。

 このたび全国大会への出場が決定したのは、長門高校の秋山亜美さん(2年)・荻野光莉さん(2年)、大津緑洋高校の山田由佳さん(大津校舎3年)・木下栞那さん(大津校舎2年)・藤山萌さん(水産校舎1年・激励会は欠席)、油谷クラブの中野光子さんです。

 秋山さんと荻野さんは、7月28日(木曜日)~31日(日曜日)に岡山県備前テニスセンターで開催される「平成28年度全日本高等学校ソフトテニス選手権大会」に、女子個人戦の部で出場します。荻野さんは「攻めるテニスで、初戦突破を目標にがんばりたい」と話しました。

 山田さん、木下さん、藤山さんは、7月28日(木曜日)~8月1日(月曜日)に島根県さくらおろち湖ボート競技施設で開催される「第64回全日本高等学校選手権競漕大会」に、ダブルスカルの部で出場します。山田さんは「予選突破を目標に、息を合わせて楽しくレースに臨みたい」と話しました。

 中野さんは、7月28日(木曜日)~31日(日曜日)に高知県立県民体育館で開催される「第34回全日本レディースバドミントン選手権大会(都道府県対抗)」に出場します。意気込みを聞かれると「けがなく、楽しく、予選を突破できれば」と答えました。

 大西市長は、「長門市ここにあり、という姿を見せてきてほしい。また貴重な機会ですので、技術を学ぶとともに、友人も多くつくって帰ってきてください」と選手を激励しました。