ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 薬物乱用のない社会を目指して

薬物乱用のない社会を目指して

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月10日更新
高校生ボランティアも募金活動に参加

高校生ボランティアも募金活動に参加
内閣府特命担当大臣のメッセージが読み上げられる
国際ソロプチミスト長門から募金の寄贈
薬物乱用防止の啓発チラシやティッシュなどを配布
長門高校、大津緑洋高校の生徒21人がボランティアで参加

 7月10日(日曜日)、フジ長門店前とウェーブ前で「ダメ。ゼッタイ。」国際麻薬撲滅ヤングキャンペーンが開催され、高校生ボランティア、山口県薬物乱用防止推進員など約60人が啓発活動に参加しました。

 このキャンペーンは県民の保健衛生・青少年の健全育成のため、薬物乱用防止の啓発を行い、薬物乱用のない21世紀の地球環境づくりを目指すものです。

 キャンペーンでは、主催者である山口県薬物乱用防止推進員長門地区協議会の佐々木会長が内閣府特命担当大臣メッセージを読み上げ、また、キャンペーン実施にあたり、長門ライオンズクラブから啓発用のうちわ1,000個が寄贈、国際ソロプチミスト長門から募金が寄贈されました。

 参加者らはそれぞれの店舗を訪れた人たちに、啓発用チラシやティッシュ、うちわを配布して薬物乱用防止を訴えていました。