ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 七夕をライトアップで彩る

七夕をライトアップで彩る

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月7日更新
三隅公民館前に「ミニチュア竹林」を設置

三隅公民館前に「ミニチュア竹林」を設置
津田隊員の手で竹灯篭に火が灯される
約30本の竹灯篭でライトアップされた
夢や願い事だけでなく「みすみや学校の好きなところ」が書かれた短冊
浅田・明倫小学校の全児童と地域住民が書いた約300枚の短冊がつるされている

 7月7日(木曜日)、七夕の日に合わせて、三隅公民館前に設置された「ミニチュア竹林」が竹灯篭でライトアップされました。

 これは、地域おこし協力隊三隅地区担当の津田隊員が企画・設置したもので、葉には浅田小学校・明倫小学校の全児童と地域住民から集められた約300枚の短冊がつるされています。「友達がたくさんできますように」「スポーツやピアノが上手になりますように」などの願い事だけでなく、短冊の裏面には「みすみや学校の好きなところは?」という枠が設けられ、「地域の人がやさしい」「自然がいっぱい」「元気なあいさつができる」などが、イラストと一緒に書かれていました。

 この日は、竹とろうそくでつくられた約30本の竹灯篭に、1本ずつ津田隊員の手で火が灯されました。今年度、津田隊員は各所で一斉にこいのぼりを掲示する「三隅鯉爛漫祭」や、田んぼに香月泰男のおもちゃを描く「三隅田んぼアート」に取り組んでおり、「今後も、地域の子どもたちが日本の四季を感じられるようなイベントを企画していきたい」と話しました。