ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 市内各地で蛍まつり

市内各地で蛍まつり

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月11日更新
ビンゴ大会で会場が盛り上がる

ビンゴ大会で会場が盛り上がる
家族連れなどでにぎわった
蛍の生態などをクイズで説明
JR美祢線を利用する来場者も多かった
来場者は幻想的な蛍の光を楽しんだ

 6月11日(土曜日)、市内各地で蛍祭りが開催されました。

 俵山地区では「第15回手づくり蛍まつりin俵山」が頭振川みどりの砂防公園駐車場をメイン会場として開催されました。会場では焼き鳥やたこ焼き、かき氷のほか、青海島名産の岩牡蛎「せむらがき」も販売され、祭りを楽しむ来場者が買い求めていました。また、豪華景品が当たるビンゴ大会や和太鼓ステージ演奏も行われ、家族連れなどで賑わいをみせていました。

 渋木地区では「第8回蛍のふる里まつり in JR渋木駅」がJR渋木駅周辺を会場に開催されました。このイベントは臨時列車が運行するなどJR美祢線を活用した事業で、JR美祢線を利用して来られる人も多くいました。会場では焼きそばや焼き鳥といったバザーのほか、長州黒かしわの手羽先や青海島名産の岩牡蠣「せむらがき」などが販売、また、アコースティックライブや蛍の教室なども開催され、会場は大いに賑わいました。

 いずれの会場も20時以降は蛍鑑賞会が開かれ、来場者は蛍の幻想的な光を楽しんでいました。