ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 芸術にふれる1日

芸術にふれる1日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月6日更新
シーグラスに興味津々

シーグラスに興味津々
スイーツデコ体験として「ミニパフェ」を作る
来場者は作家と直接話をしながら、芸術にふれる1日を過ごした
無料開放されたアリーナでは、卓球やバドミントン、ミニテニスが楽しめる
健康運動実践指導者の後藤さん(左)を講師として「トレーニング教室」も行われた

 3月6日(日曜日)、ルネッサながとで毎年恒例の「サンクスまつり」が開催されました。

 今回は、ロビーと軽運動室を会場に、県内外から集った芸術家によるフリーマーケット「Art Market Renaissa(アートマーケット・ルネッサ)」が初開催されました。木工やイラスト、小物やアクセサリーなどの「アート・クラフトの部」、焼き菓子やコーヒー、パンなどの「飲食店の部」に計45人(団体)が出店し、来場者は作家と話を交わしながら作品を購入したり、実際にワークショップとして制作を体験してみたりと、芸術にふれる1日を楽しんでいました。

 この日、トレーニング室では、健康運動実践指導者の後藤早希さんを講師として、安全なトレーニング方法を学ぶ「トレーニング教室」が、劇場では「ファミリー映画上映会」が行われました。また、アリーナは無料開放され、卓球やバドミントン、ミニテニスを楽しむ人でにぎわっていました。