ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 地元のイカをPR

地元のイカをPR

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月10日更新
刺身でも食べられる新鮮なイカ

刺身でも食べられる新鮮なイカ
イカを買い求めに多くの人が訪れた
イカの一夜干しも販売
当日は焼きイカが無料でふるまわれた

 10月10日(月曜日)、長門市通地区のくじら資料館前で「第1回通イカ祭り」が開催されました。

 通地区は四方を海に囲まれ、日本海の恩恵を受けて豊富な水産資源があり、イカの漁獲においても山口県トップレベルを誇ります。今が旬のケンサキイカを地域住民にも販売して食べてもらおうと初のイベント開催となりました。

 会場では刺身でも食べられる新鮮なイカや箱一杯に詰められた冷凍イカ、イカ一夜干しが販売され、イベント開始前から買い求める住民で賑わいました。また、この日は焼きイカが無料で配布され、熱々の焼きイカを美味しそうに食べる姿が多く見受けられました。

 イベントを企画したNPO法人くじらと島思いの大野理事長は「地域でイカが獲れるのに地元でイカを売っていない。地元の人にも観光客の人にも通の新鮮なイカをアピールできたら。来年も実施したい」と抱負を語りました。