ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ながとの中学校展はじまる

ながとの中学校展はじまる

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月4日更新
長門にもたくさんのヒーローがいた

長門にもたくさんのヒーローがいた
オリンピックや世界陸上など世界大会で3度5位に入賞した油谷繁選手の特別展示
奥村麻依選手のおじいちゃんも来館
奥村麻依選手の日本代表時の背番号13が刻印されたシューズ
山田耕筰直筆原稿や香月泰男の深川中学校校章デザイン原画等の貴重資料も展示

 7月4日(土曜日)、ながと歴史民俗資料館(旧長門市教育委員会1階)において、「ながとの中学校~わがまちヒーロー~」が始まりました。

 この企画展は春に開催されたもののコロナウイルス感染症の影響により、7日間のみの開催となったため、このたび、内容をリニューアルして再度開催することとなったものです。今回は、中学校運動部、とくに全国大会出場の記録にスポットをあて、過去にさかのぼって長門市民の中学時代の活躍を特集しています。

 また、仙崎中学校出身で、アテネオリンピック男子マラソン代表で5位に入賞した油谷繁選手、向津具中学校出身で現在の女子バレーボール日本代表で、来年のオリンピック出場が期待される奥村麻依選手のユニフォーム等を特別展示しています。

 そのほか廃校となった校旗や山田耕筰自治櫃の深川中学校校歌の原稿など貴重な資料も展示されています。ご自身の中学時代を思い出しながら鑑賞されてみてはいかがですか?また現役中学生にもおすすめの内容となっています。

 ながとの中学校展は8月31日まで休館日なしで開催されます。