ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 「恩湯」「恩湯食」がオープン

「恩湯」「恩湯食」がオープン

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月18日更新
「恩湯」を運営する長門湯守株式会社の伊藤、大谷共同代表

「恩湯」を運営する長門湯守株式会社の伊藤、大谷共同代表
新型コロナウイルス感染症対策として、健康チェックなどを実施
入り口でチケットを購入し、受付へ
午前10時の開店と同時に多くの来場者が訪れた
飲食施設「恩湯食」も同日オープン

 3月18日(水曜日)、長門湯本温泉観光まちづくりの中核を担う立ち寄り湯「恩湯」と飲食施設「恩湯食」がオープンしました。

 「恩湯」では、午前10時の開店と同時に市内外から入浴を心待ちにしている来場者が訪れ、真新しい施設での入浴を楽しみました。入浴を終えた来場者は「熱過ぎず、ぬる過ぎず、ちょうどいいお湯だった」と感想を話していました。

 なお、現在「恩湯」では、来場者に安心して入浴してもらうために、新型コロナウイルス感染症予防および拡散防止対策として、出入りの際に利用いただく消毒液の設置や利用者の氏名、住所、連絡先の記入、発熱の確認など健康チェックを実施しています。

 また、飲食施設「恩湯食」も午前11時に開店し、店内での食事やテイクアウトでの食事を楽しむ観光客の姿も見られました。