ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 市の備蓄マスクを医療機関や社会福祉施設に配布

市の備蓄マスクを医療機関や社会福祉施設に配布

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月18日更新
市内78施設に配布

市内78施設に配布
病院や社会福祉施設などで勤務する職員らが使用
市の備蓄マスク5,100枚を配布

 今般、マスク等の国内需給が逼迫しており、医療機関等において衛生用品が安定的に確保しにくい状況があることから、国においては「新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策第2弾」で、「医療機関向けマスク1,500 万枚の国の一括購入・優先配布」や「布製マスク2,000万枚の国の一括購入・介護施設等への緊急配布」が決定されているところです。

 さらに、県においても国の各省庁保有のマスクの医療機関向け配布や、社会福祉施設等へのマスク配布が準備されております。これに合わせ、総務省からは、市の備蓄マスクの活用について要請を受けたところです。

 これを受け、市では、3月18日(水曜日)に、備蓄マスクの医療機関、社会福祉施設等への提供を決定し、市内の医療機関および社会福祉施設78施設に5,100枚のマスクを配布しました。