ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて

新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月27日更新
国の方針を受け、対策本部会議を開催

国の方針を受け、対策本部会議を開催
「それぞれが情報共有を図り、新型コロナウイルスの感染拡大防止にリーダーシップを発揮していただきたい」と江原市長
長門健康福祉センターから県の取り組みについて報告
手洗いやアルコール消毒、マスクの着用をお願いします

 2月27日(木曜日)、長門市役所で「第2回長門市新型コロナウイルス対策本部会議」が開催されました。

 会議冒頭で江原市長は「新型コロナウイルスの感染は留まることを知らず、国から具体的基本方針が示された。隣県の福岡県でも感染症患者が発生し、いつ山口県において感染症患者が発生するとも限らない。当市においても新たなフェーズに入ったといえる。万が一に備えた対策シュミレーションを準備し、それぞれが情報共有を図り、市民の皆さんの不安を和らげること、新型コロナウイルスの感染拡大防止にリーダーシップを発揮していただきたい」とあいさつしました。

 会議では、国が発表した「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」をもとに、感染症の状況や国、県、市の対応状況、各部課における役割分担などが情報共有されました。

 その後、新型コロナウイルス感染症拡大に対する対応方針が協議され、市などが3月末までの間に開催する会議、イベントについては、卒業式や入学式などの行事や危機管理上、必要とされる会議、直近の開催が予定され、中止連絡が不可能な会議・イベントなどを除いて、基本、中止または4月以降に延期することや、開催される会議及びイベントについては、手洗いやアルコール消毒液の設置、マスクの着用などを呼びかけることが決定しました。

 また、民間で行われるイベントなどの開催に関しては、担当部課から開催の必要性の再検討を要請するほか、市民、企業、地域への情報提供を正確・迅速に行う観点から広報班が設置されることなどが決定しました。

 新型コロナウイルスの予防には、こまめな手洗いやアルコール消毒、マスクの着用などによる咳エチケット、人込みの多い場所を避けるなどの対策を行ってください。また、発熱などの症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。

 次の症状がある人は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

  •  風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている
     (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
  •  強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

 相談窓口などは特設ページをご覧ください。