ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 交通事故のない社会を~交通安全のつどい及び交通安全パレード~

交通事故のない社会を~交通安全のつどい及び交通安全パレード~

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月24日更新
交通安全パレードが中央公民館から山口県漁協湊支店まで行われました

交通安全パレードが中央公民館から山口県漁協湊支店まで行われました
大西市長は「ひとりひとりが安全運転を心がけ、交通事故のない社会を築いていきましょう」とあいさつ
交通安全スローガン最優秀賞の表彰、優良運転者への表彰などが行われました
長門市交通安全母の会の大嶋禮子さんが大会宣言
長門安全運転管理者協議会など約150人が参加

9月24日(火曜日)、中央公民館で交通安全のつどい及び交通安全パレードが行われ、長門交通安全協会、長門安全運転管理者協議会など約150人が参加しました。 これは、秋の全国交通安全運動の一環として、交通安全を啓発し、交通事故防止を呼び掛けることを目的に毎年実施されています。
 式典では、はじめに交通安全の祈りを込めて黙祷。主催者あいさつで、大西市長は「日の暮れが早くなってきているが、日暮れ1時間が交通事故の多い時間帯。ひとりひとりが安全運転を心がけ、交通事故のない社会を築いていきましょう」とあいさつ。続いて、長門警察署の長谷川正人署長が「近年、交通事故件数が減少傾向にあったが、今年は現時点で増加傾向にある。交通事故は誰もが当事者になる可能性のあるもの。他人事と考えず、安全運転を意識しましょう」と参加者に呼びかけました。
 その後の交通安全アテンダント交付式では、新たに平川なぎささん(長門地区)、重原絵美子さん(日置地区)、梶山亜梨沙さん(油谷地区)の3人が着任。続いて、交通安全スローガン最優秀賞の表彰、優良運転者への表彰などが行われました。
 式典終了後には、山口県警察音楽隊演奏会や深川幼稚園園児による交通安全のちかいを発表。最後にパレードが中央公民館から山口県漁協湊支店まで行われました。

 

≪交通安全スローガン最優秀賞≫

子ども向け「ちいさなて つないでよくみて みぎひだり」(深川小学校1年生奥谷奏士)

自転車向け「いつも着用 ヘルメット 心と自分を守るため」(向陽小学校5年生高松茉央)

運転者向け「返納で 安心安全 家族の笑顔」(深川小学校6年生竹下雅乃)