ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 桜吹雪舞う湯本温泉まつり

桜吹雪舞う湯本温泉まつり

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月7日更新
桜吹雪が風に舞う中、ステージイベントやバザーで賑わう

桜吹雪が風に舞う中、ステージイベントやバザーで賑わう
足湯を楽しむ来場者
フラダンスやライブなどのステージイベントも催された
住吉神社では関係者が湯本温泉の発展を祈願
今年は桜の開花期間が長く、花見を楽しむ市民でにぎわう

4月7日(日曜日)、長門湯本温泉で、恒例の「湯本温泉まつり」が開催されました。

 このまつりは、温泉の恩恵に感謝の意を込めて、毎年この時期に行われているもので、今年は桜が満開で、きれいな桜の花びらが舞う中での開催となりました。

 お祭り広場となった音信川河川公園では、やきとりやぜんざいなどの露店が並び、ステージではアコースティックライブやフラダンスなどの催しも行われ、最後まで多くの来場者でにぎわいました。また、住吉神社では神事も行われ、地元自治会や温泉旅館関係者、行政関係者らが出席。今後の湯本温泉の発展を祈願しました。