ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 男性も料理ができるように~男子厨房に入る会~

男性も料理ができるように~男子厨房に入る会~

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月2日更新
男子厨房に入る会のメンバー

男子厨房に入る会のメンバー
男性が協力し合って、一つの料理を完成させる
料理を装うのも男性で
地区で伝統的に食べられていた押し寿司や柏椀、ごま和えが完成
この日は大西市長も試食に訪れ、メンバーと一緒に食事を楽しんだ

 油谷地区で男性の料理教室を主宰する「男子厨房に入る会」のメンバーが4月2日(火曜日)、旧伊上小学校の調理室で活動を行いました。

 「男子厨房に入る会」は、平成29年10月に発足し、毎月第1火曜日を活動日として、油谷地区在住の男性13人が料理教室を開催しています。油谷地区では高齢化が51%と高く、男性も自分たちで料理を作れるようになり、自立を目指すことや参加者同士の交流を目的としており、この日で16回目の開催となりました。

 この日のメニューは地域に伝わる伝統食に挑戦とのことで見た目も鮮やかな「押し寿司」や、地域で昔から冠婚葬祭の時に食べられていた「柏椀」、旬の地元食材はなっこりーを使った「ごま和え」の3品を調理。この日は伊上地区の小林孝子さんと通地区の村田厚子さんの指導を受けながら、レシピに沿って調理を行いました。料理完成後は、この日試食に訪れた大西市長を囲み、和気あいあいとした雰囲気の中、男性の作った料理を楽しみました。

 この「男子厨房に入る会」は毎月第1火曜日に旧伊上小学校を拠点に活動をしており、参加者を募集しています。代表を務める広田隆男さんは「60歳代から80歳まで参加しており、自立と交流を目的に活動しています。油谷地区が中心ですが、興味のある男性がいればぜひ参加してほしい」と呼びかけていました。

 男子厨房に入る会についての問い合わせは森田さんまで(Tel:0837-32-1258)