ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 油谷こどもミュージカル第17回定期公演

油谷こどもミュージカル第17回定期公演

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月16日更新
市内の小学4年生から高校3年生までの31人が熱演

市内の小学4年生から高校3年生までの31人が熱演
息の合った踊りと歌を披露
人間とサンタの友情と交流の物語
実行委員会が手作りする衣装も見どころ
ロビーでは過去開催された公演の写真が展示された

 12月16日(日曜日)、ラポールゆやで油谷こどもミュージカル第17回定期公演「サンタクロースは生きている」が行われ、午前の部と午後の部を合わせて約900人が来場し、子どもたちの迫真の演技を堪能しました。

 油谷こどもミュージカルは平成14年度にラポールゆや開館5周年を機に発足して以来、毎年公演を続け今回が17回目となります。脚本・演出を手掛けるのは下関市民ミュージカルの会代表の伊藤寿真男さんで、出演は長門市内の小学校4年生から高校2年生までの31人。4月から練習を開始、12月までずっと厳しい練習を行ってきました。

 今回の作品「サンタクロースは生きている」は、サンタクロースが生きていると信じる旅回りの一座の娘「カンナ」と人間の子どもたちがサンタクロースを信じるようサンタの王から命を受けたサンタ「ダサンタ」の友情と交流の物語で、歌や踊りのほか、台詞や演技も巧みにこなし、会場に訪れた観客を魅了しました。