ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 第31回全国健康福祉祭とやま大会のソフトバレーボール種目で準優勝!

第31回全国健康福祉祭とやま大会のソフトバレーボール種目で準優勝!

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月16日更新
67チームが出場する中、勝ち抜き見事準優勝を果たした

67チームが出場する中、勝ち抜き見事準優勝を果たした
がっちりと大西市長と握手を交わす向陽クラブ代表の河田和正さん
向陽クラブは、週2日20時から2時間程度、向陽小学校体育館で練習している

 11月16日(金曜日)、第31回全国健康福祉祭とやま大会(ねんりんピック富山2018)のソフトバレーボール種目で準優勝を果たした「向陽クラブ」が、市長報告のため長門市役所を訪れました。

 第31回全国健康福祉祭富山大会のソフトバレーボール種目は、富山県の黒部市総合体育センターにおいて、11月3日から11月5日にかけて開催され、全国から67チームが出場しました。大会は、22ブロックに分かれるコート別予選リーグ戦と同予選リーグ戦の決した順位で行う順位別リーグ戦で行われました。

 「向陽クラブ」は、コート別予選リーグ戦で和歌山選抜(和歌山県)を2-0、猪鹿裟摩(静岡市)を2-1で勝利し、1位の順位別リーグ戦に進出。順位別リーグ戦では、パートナー60(長野県)に2-0で勝利したものの、ピーチファイターズ(横浜市)に0-2で惜敗し、準優勝となりました。

 準優勝の結果に対し、出場した河田邦代さんと和泉眞由美さんは、「3回目の出場になりますが、最低でも銅メダルと思って頑張りました」と話し、また今後については「継続は力なりじゃないですけど、健康維持のために続けていきたい」「健幸寿命をソフトバレーボールを通じて伸ばしていけたら」と語りました。