ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 高齢者交通事故防止に向けたメッセージを伝達

高齢者交通事故防止に向けたメッセージを伝達

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月12日更新
大嶋会長が「高齢者交通事故防止に向けた会長(知事)メッセージ」を読み上げる

大嶋会長が「高齢者交通事故防止に向けた会長(知事)メッセージ」を読み上げる
メッセージを大西市長に手交
「伝達をしっかり肝に銘じて交通事故防止対策を講じたい」と大西市長
11月11日現在で、人身事故27件、死亡者2人、負傷者35人となっている

 11月12日(月曜日)、高齢者交通事故防止に向けたメッセージ伝達式が長門市役所で行われました。

 山口県では高齢化が全国に比べて10年早いペースで進み、今後も一段と高齢者の割合が高まることから、高齢者が関与する交通事故の多発が心配されています。このような状況から交通安全山口県対策協議会では11月9日(金曜日)から15日(木曜日)まで高齢者の交通事故防止県民運動を展開しており、その一環として長門市交通安全母の会が「高齢者交通事故防止に向けた会長(知事)メッセージ」を大西市長に伝達することとなりました。

 伝達式では長門市交通安全母の会の大嶋禮子会長がメッセージを読み上げ、大西市長に伝達。受け取った大西市長は「伝達をしっかり肝に銘じて交通事故防止対策など講じたい。高齢者の免許証の返上など長門地域ではあまり進んでおらず、デマンド交通などの施策を行うなど取り組んでいきたい」と述べました。

 平成30年11月11日時点での長門市内の交通事故発生状況は人身事故27件、負傷者35人、死者2人となっています。死亡事故などは減少傾向にありますが、物損事故が795件と昨年度に比べ多く発生しており、長門警察署では注意を呼び掛けています。