ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ニュースポーツに挑むスポ少祭り

ニュースポーツに挑むスポ少祭り

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月4日更新
ゲーム性が高く、子どもたちに大人気だったパター・de・ゴルフ

ゲーム性が高く、子どもたちに大人気だったパター・de・ゴルフ
学校を越え、競技を越え、仲間を作ってほしいと長門市スポーツ少年団本部長の山下浩氏
長門市スポーツ推進委員の指導のもと、楽しくニュースポーツを学ぶ
むかで競争タイムレースは、1チームずつ実施するため、室内でも安全にできる
バランス感覚が求められるキャッチング・ザ・スティック

 市内のスポーツ少年団が集まりニュースポーツなどに挑む「スポ少祭り」が、8月4日(土曜日)に、ながと総合体育館で開催されました。

 スポ少祭りは、市内のスポーツ少年団の団員が、 同じ種目を通して互いの親睦を深めたり、体力づくりの機運を高めることが目的で開催されており、今回は、市内のスポーツ少年団の団員約70名が参加しました。

 開会にあたり、主催者の長門市スポーツ少年団本部長の山下浩氏が「スポ少祭りは、学校を越え、種目を越え仲間を作れることが醍醐味です。夏を思い出すような大会になればと思います」と挨拶しました。プログラムが始まると、参加者全員で、山口弁で体操指導をする山口ラジオ体操が行われました。

 続いて参加者は、団体毎に分かれ、長門市スポーツ推進委員の指導のもとニュースポーツなどを体験。隣の人の持つ棒を連続して持ち替え続ける「キャッチング・ザ・スティック」やスティックとボールを使用し、得点マスにボールを止め、点数を競う競技「パター・de・ビンゴ」、1チーム毎にむかで競争をタイムを競う「むかでタイムレース」を行いました。

 参加者たちは、日頃体験できないニュースポーツを体験し、大変盛り上がっていました。