ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 高山で初日の出登山

高山で初日の出登山

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月1日更新
高山の山頂から見る初日の出

高山の山頂から見る初日の出
懐中電灯を手に頂上を目指す
319mの高さから初日の出を拝む
約40人が参加
下山後にはお雑煮の販売も
 1月1日(金)、青海島地区にある高山で、「そうだ初日の出を見に行こう」と題された登山が行われました。 地域おこし協力隊青海島地区(大日比・大泊・青海)担当として活動する河村將芳隊員が「高山活性化プロジェクト」として企画したこの登山は、地区住民の手で登山道整備を実施している高山を、再び地域資源として活用していくことを目的に開催されました。 午前6時に高山オートキャンプ場に集合した約40人の参加者は、懐中電灯を手に1.2kmの道のりを約30分かけて登頂しました。午前7時30分頃、厚い雲の上に太陽が現れると、参加者は319mの高さから初日の出を拝み、1年の無病息災を祈念しました。 下山後には、地区住民の協力により、オートキャンプ場で地元の食材を使用したお雑煮が販売されたほか、甘酒とコーヒーが振る舞われ、参加者は冷えた体を温めていました。