ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > b列車で行こう!

b列車で行こう!

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月23日更新
らーじくんのヘッドマークがついた車両で出発

らーじくんのヘッドマークがついた車両で出発
「山陰本線の夕陽も楽しんで」と大西市長
この日の参加者は約80人
 11月23日(日)、下関市と長門市の間を臨時列車で往復する日帰りツアー「b(ビール)列車で行こう!」が開催され、長門市駅で出発式が行われました。両市が取り組んでいるjr山陰本線利用促進事業のひとつで、この日は到着地の下関市で開催されている下関さかな祭やリトル釜山フェスタ、ja下関農業まつりなどが楽しめるとあって、約80人が参加しました。  出発式で大西市長は、「下関市と長門市で、連携して利用促進を行い、山陰本線を盛り上げようと企画したものです。今日は下関ではたくさん祭りがあると聞いていますので、海峡の風情とともにそれらを楽しんできてください。帰りには夕陽を堪能し、ビールなども味わって、楽しい一日にしてください。また、これを機会に、公共交通機関の利用にもご理解ご協力をお願いします」とあいさつしました。  8時53分に「らーじくん」のヘッドマークをつけた車両は出発し、参加者は楽しい一日を過ごしたようです。