ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 長門市小学校音楽会

長門市小学校音楽会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月24日更新
音楽会のようす

音楽会のようす
明倫小学校は音楽劇に挑戦
神田小学校のコーラス
通小学校はカスタネットとアコーディオンを使う
向陽小学校は足でリズムを取りながら歌う
 10月24日(金)、ラポールゆやで長門市小学校音楽会が開催され、市内の小学校11校、合わせて約500人の児童が参加しました。どの学校もこの音楽会に出場するため、一生懸命練習してきました。  明倫小学校は、1、2年生58人が参加。音楽に合わせて劇を繰り広げる音楽劇「三まいのおふだ」を披露しました。また、通小学校は、「通は昔、クジラが獲れていました。今でも通には鯨唄保存会がその時に歌われた鯨唄を引き継いでいます。また、私たちも保存会の人たちから鯨唄を習っています」と学校紹介で話しました。同校は全学年29人が参加。カスタネットやアコーディオンを使って「スペインのカスタネット」という歌を披露しました。  この音楽会では、各校から工夫を凝らした合唱奏が行われました。児童たちは、自分の順番でないときは、他校の合唱を静かに聴いていました。  会場後方には、子どもの歌声を聴こうと多くの保護者が来場。ビデオカメラで我が子を撮影する人が多く見られました。