ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 全国大会出場者激励会

全国大会出場者激励会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月22日更新
4年連続出場の上永さん

4年連続出場の上永さん
激励費を受け取る上永さん
 10月22日(水)、長門市役所で全国大会出場者激励会が行われました。 この日、市長室を訪れたのは、第14回全国障害者スポーツ大会「長崎がんばらんば大会」でフライングディスク競技に出場する上永達也さんです。 激励会では、大西市長が上永さんに激励費を手渡し「4年連続出場おめでとうございます。全国大会では多くの人と交流を図り昨年に続く優勝を目指してください」と激励しました。 この競技で使われるフライングディスクのサイズは、直径23.5cmで重さが100gからプラスマイナス5gのものです。「ディスタンス」競技とは、フライングディスクをどれだけ遠くに飛ばすことができるかを競います。また、「アキュラシー・ディスリート・セブン」競技とは、7mの距離からディスクをゴール(直径91.5cmの輪)に向かって投げ、10回中何回通すことができるかを競います。apple-style-span 昨年とは2mapple-style-span遠くなる競技に挑戦する上永さんは「ディスクのスピードを上げるためフォームを変えて練習している。ディスタンスでは50mapple-style-span越える投げをしたい。また、アキュラシー・ディスリート・セブンでは、パーフェクトを目指したい」と意気込みを語りました。 なお、大会は、長崎市総合運動公園かきどまり陸上競技場において、11月1日(土)から3日(月)の日程で開催されます。