ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 日置地区で敬老会

日置地区で敬老会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月9日更新
園児が感謝の気持ちを込めて肩たたき

園児が感謝の気持ちを込めて肩たたき
大西市長あいさつ
日置地区最高齢者岡村千一さんへ表彰状。95歳
長門めっちゃブラザーズのステージ
音楽に合わせて手拍子
 10月9日(木)、日置地域づくりセンターで日置地区敬老会が行われました。 長門市では約7,900人を対象に、市内8ヵ所で敬老会が開催されています。 この日行われた敬老会には、日置地区の対象となる75歳以上の高齢者855人のうち187人が出席しました。 式典では、はじめにあいさつに立った大西市長が「心を豊かに生活できるよう、健康を保っていただき、ますますのお幸せをお祈りします」とあいさつをしました。 式典の後に行われたアトラクションでは、平均年齢80歳の長門めっちゃブラザーズによる歌唱ステージや日置地区の保育園児によるお遊戯、日置中学校吹奏楽部による演歌メドレーが披露されました。敬老会出席者は、食事を楽しみながらハンドベル演奏やダンス、ジャンケン大会などアトラクションを楽しみました。 なお、長門市では、21日に俵山地区で22日・23日に油谷地区で敬老会が行われます。