ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 第2回長門市人権教育セミナー

第2回長門市人権教育セミナー

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月24日更新
講師の大橋広宣さん

講師の大橋広宣さん
講演を聞く参加者
 8月24日(日)、三隅公民館で第2回長門市人権教育セミナーが開催されました。 これは、人権に関わる問題への理解と認識を深め、さらに、人権問題の解決を自らの課題として受け止め、人権尊重の生き方を地域や職場に広めようと開催されたものです。 この日行われた セミナーには、市民約90人が参加。講師にはディレクターで映画コメンテーターの大橋広宣さんを迎え、ldの挑戦!算数0点から新聞記者に?苦手は得意でカバー 個性を伸ばして生きる?と題し、講演が行われました。講演で大橋さんは「誤解や偏見が、障害者をより苦しめる」や「お互いに寄り添う気持ちが大事であり、それが“ナチュラルサポート”に繋がる」など人権について話しました。 講演を聞いた参加者は「“人に傷つけられた気持ちは、人にしか癒されない”という言葉がとても身にしみ、人に対する接し方について改めて考えさせられました」と感想を述べました。