ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > b(ビール)列車が出発

b(ビール)列車が出発

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月18日更新
b(ビール)列車内のようす

b(ビール)列車内のようす
乗客を見送る副市長ら
下関駅ではペンギンのキャラクターがお出迎え
オープンしたばかりの映画館
 7月18日(金)、長門市駅から「『b(ビール)列車で行こう!』みすヾ潮彩号で行く映画鑑賞と夕日満喫の旅」のイベント列車が出発しました。 これは、jr山陰本線利用促進事業として長門市と下関市が共同で昨年に引き続き、長門市駅から下関駅間において、イベント列車を運行するものです。 この日はみすゞ潮彩号での運行となり、約90人が乗車。往路では、下関カモンfmの渡辺かえさんをパーソナリティーとして迎え、景色を楽しみながら大人も子供も楽しめる車内イベントが行われました。下関駅に到着した参加者は、ショッピングや観光などそれぞれフリータイムを楽しみました。また、オプショナルツアーとして、オープンしたばかりの映画館での映画鑑賞や海響館、ホテルでの入浴などを楽しみました。 なお、復路では、jr山陰本線のビュースポットにて停車し、本州最後の夕日を見ながらのビール・ソフトドリンク飲み放題を満喫したということです。 このツアーは、長門市駅発着便として11月23日(日)に、下関駅発着便として8月下旬と10月中旬の2回運行を予定しています。