ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 七重河川プールで安全祈願祭

七重河川プールで安全祈願祭

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月18日更新
宮原宮司による神事

宮原宮司による神事
祝詞奏上
安全を願い玉ぐしを捧げる
アユを追いかける子ども
河川プールのようす
 7月18日(金)、俵山七重の河川プールで安全祈願祭が行われました。 このプールは、七段の滝河川プール管理委員会により管理され、俵山七重の七段の滝のすぐ近くにあります。また、プールの水は、蛍の飛び交うきれいな川の水を俵山特産の木炭でろ過して使用しています。昨年の入場者数は、入場する際に行う記帳をした人が5000人を超え、市外県外からも多くの人が訪れました。 この日行われた祈願祭では、大西市長をはじめ、地元自治会や俵山地区発展協議会など関係者約30人が出席しました。俵山八幡宮の宮原宮司により祈願祭は執り行われ、参加者全員でプールで遊ぶ子どもたちの安全と健康を祈りました。祈願祭の最後に七段の滝河川プール管理委員会委員長の山本徹雄さんが「きれいで親しみのある河川プールで子どもたちが楽しい夏休みを過ごしてくれることを願います」とあいさつをしました。 祈願祭終了後、俵山幼児園と俵山小学校の児童45人が鮎のつかみ取りを行い、子どもたちはプールを駆け回って鮎を捕まえていました。 なお、七段の滝河川プールプールは8月末まで利用することができます