ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 詩人「児玉花外展」

詩人「児玉花外展」

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月7日更新
児玉花外の作品の数々

児玉花外の作品の数々
直筆の掛け軸
貴重な資料が展示
 7月7日(月)から、ながと歴史民俗資料室でながと歴史民俗資料室企画展「?長門市ゆかりの詩人?児玉花外展」が開催されています。 この企画展は、父の故郷長門市を訪れ、2か月余りの滞在中に深川小学校や通小学校の校歌のほか、長門市に関わる詩を60篇以上残し、昭和18年(1943年)に69歳で亡くなった詩人児玉花外の生誕140年を記念して関係資料を展示したものです。 展示の内容は、児玉花外直筆の掛け軸や短冊、はがき約160点。展示の期間は、7月7日(月)から8月31日(日)までの午前9時から午後5時までとなっています。また、展示以外にも8月3日(日)の午後2時から長門郷土文化研究会会員によるギャラリートークが行われます。入場料及び受講料は、いずれも無料となっています。