ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 併任徴収県職員が活動報告

併任徴収県職員が活動報告

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月25日更新
報告を行う末森弘之さん(左)と吉田幸司さん(右)

報告を行う末森弘之さん(左)と吉田幸司さん(右)
活動報告のようす
真剣な表情で報告に耳を傾ける大西市長
 3月25日(火)、長門市役所市長応接室で併任徴収県職員が1年間の活動報告を行いました。 併任徴収職員が県から派遣されるようになったのは平成19年10月からで、今年度派遣された末森弘之さんと吉田幸司さんが大西市長に対して74日間、市職員とともに取り組んだ活動の報告を行いました。 報告を行った末森さんは「徴収率も上がり成果が上がったのでは。職員の徴収意識は高いレベルにあるが、今後も人材育成を続けてほしい」と1年間の成果や課題について話しました。 これを受けて大西市長は「県職員とやってきて大きな成果が生まれた。今後も一緒にやっていきたい」と述べました。