ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > love花火 in バレンタイン

love花火 in バレンタイン

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月10日更新
打ち上ったlove花火

打ち上ったlove花火
ちょるるは大人気
アコースティックライブのようす
配られたお菓子の形の風船
花火が会場を盛り上げる
 2月8日(土)、湯本温泉の音信川河川公園を会場に、「love花火 in バレンタイン」が開催されました。これは、湯本温泉旅館協同組合が主催し、ハート型の花火が打ち上ることでこの時季の恒例の行事となっているもので、音信川恋文コンテストの結果発表も行われています。今年は特に、10回目を記念して、恋人の聖地に認定されている湯本温泉が「恋人の聖地プロジェクトとlove?コラボ」ということでお菓子の形の風船と湯本温泉オリジナル一筆箋が来場者にプレゼントされました。  また、山口県公式ゆるキャラのちょるるも来場し、子どもたちの人気を集めていました。  会場内にはうどんやラーメン、飲み物の出店や、湯本温泉旅館協同組合青年部のホットサンドによる販売もあり、来場者は食事も楽しんでいました。ステージではアコースティックライブも行われ、イベントを盛り上げました。  音信川恋文コンテストの結果発表とともにlove花火が打ち上ると、来場者は空を見上げ、カメラや携帯電話で撮影していました。  今年の音信川恋文コンテストには1,662作品の応募があり、この中から、広島県の女性が応募した「あなたをつくってくれた過去と あなたとつくる未来をください。」がグランプリを獲得しました。  この日は雨が降ったりやんだりのあいにくの天候でしたが、約400人の来場者はイベントを楽しんでいました。