ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 長門地方卸売市場で初セリ

長門地方卸売市場で初セリ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月5日更新
セリのようす

セリのようす
あいさつをする小田保男組合長
セリを前にあいさつをする大西市長
甘酒で乾杯
たくさんの野菜が並べられた市場
 1月5日(日)、長門地方卸売市場で初セリが行われました。 初セリ式では、はじめに長門大津農業協同組合の小田保男組合長が「生産者の高齢化や異常気象による野菜の高騰など厳しい状況が続いています。jaとしては、地産地消、安心安全の観点から重要であるこの市場をこれからも支えていきたい」とあいさつをしました。 続いて、大西市長が「成長戦略の中で高齢化対策を行っていくこととしている。厳しい状況ですが明るい未来に向け力強く前進する一年にしていきましょう」と述べました。 初セリ式の後にはセリが行われ、イチゴやしいたけ、ブロッコリーなど様々な野菜等が次々と競り落とされていきました。apple-style-span 長門地方卸売市場での昨年の主な品目の class="apple-style-span取扱高apple-style-spanは、 class="apple-style-span271,837,000円apple-style-span。最も出荷された品目は、いちごで class="apple-style-span36,194,920円apple-style-spanでした。