ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 一人暮らし高齢者へ弁当配布

一人暮らし高齢者へ弁当配布

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月24日更新
中学生が弁当を直接手渡す

中学生が弁当を直接手渡す
心を込めて盛りつける
この日配布された弁当は235個
女子生徒も配布を手伝う
この弁当が配布された
; color: #333233 lucida grande&12月lucida grande&21日(土)、仙崎地区の75歳以上の一人暮らし高齢者235人へお弁当配布が行われました。これは、仙崎地区社会福祉協議会(沓野昭次会長)が行ったもので、在宅福祉サービスの促進と年末を前に高齢者の安否確認を目的として毎年行っています。 ; color: #333233 この日は朝から仙崎婦人会と仙崎中学校の有志7人が調理を行い、弁当を詰めました。弁当のメニューには、煮込みハンバーグ、煮物、刺身などが用意され、調理参加者は心を込めて盛りつけていました。 ; color: #333233 できあがった弁当は、各地区の福祉員によって該当の世帯に配られました。配布には中学生も同行し、直接高齢者に手渡す場面も見られました。