ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 日置校舎で農高祭

日置校舎で農高祭

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月18日更新
日置校舎で育成された苗が販売された

日置校舎で育成された苗が販売された
朝から来場者が列をなす
即売コーナーではもちろん生徒が販売する
馬やウサギにふれあえるミニ動物園
体育館には学習の成果が展示
 11月16日、大津緑洋高校日置校舎で農高祭が行われました。この日は、「知っちょる?食べちょる? ~あなたを全校生徒でお・も・て・な・し」と題して、展示コーナー、即売コーナー、バザーコーナーなどが用意され、来校者を楽しませる内容となっていました。  9時の販売開始と同時に、即売コーナーに並んだ人たちが思い思いの農産物などを手に、買い求めていました。この即売コーナーにはシクラメンや花壇苗、ミカン、ナシ、ハクサイ、キャベツ、ダイコン、ニンジンなどのほか、ベーコンやパン、ジャムやオレンジジュースの加工品、もちやクッキーなどが並べられていました。  バザーコーナーではうどんやカレーなどが販売されました。また、水産校舎の生徒によるポテトフライやわたがしの販売も行われました。  その他、体育館では農業クラブ展、文芸部や新聞部の展示、吹奏楽の演奏などが行われ、13時の終了まで来場者は祭りの雰囲気を十分に楽しんでいました。