ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 高齢者の交通事故を防ぐ

高齢者の交通事故を防ぐ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月11日更新
メッセージを読み上げる大嶋山口県交通安全母の会長門支部会長

メッセージを読み上げる大嶋山口県交通安全母の会長門支部会長
高齢者の交通安全について意見を交わす

 11月11日(月)、長門市役所で、高齢者交通事故防止対策の推進についてのメッセージ伝達式が行われました。これは、近年、交通弱者と言われている高齢者が犠牲となる交通死亡事故が相次いでいることから、交通安全山口県対策協議会会長の山本繁太郎山口県知事のメッセージを各自治体に伝達しているものです。

 この日訪れたのは、山口県交通安全母の会長門支部の大嶋禮子会長で、山本知事からのメッセージを読み上げ、大西市長に手渡しました。

 大西市長は、「高齢者にとって長門市のような地域は、車は生活に欠かせないものとなっているが、これからは新公共交通機関の整備も含め、安心・安全な生活ができるよう、行政としても取り組んでいきたい」と話しました。